DIARY

COMIN’KOBE 2016

カミング神戸が終わりました。
おれらにとっては思い入れが強すぎるイベント。
神戸を代表する最大級のイベント、
毎回開催できるかわからないイベント。
今年も松原さんの病気のこともあったのにも関わらず、やりはるんよ、あの人は。あの人たちは。
チーム太陽と虎。

「伝説を作る」

そう言って、開催に向けて、松原さん入院中、動いてる太陽と虎のスタッフのみんなの気持ちは痛い程伝わってきました。
こんなにもかっこいいチームがおんのか。
毎回節目のようなカミング神戸。
今年出れたこと本当に誇りに思います。

たくさんの人がおれらのこと見にきてくれました。
ありがとう。本当にありがとう。
初めて見てくれた人もあると思う。246ステージ押しまくってたから、予定通りいかんくて見に来れへん人もいたかもしれん。それでもずっと待ってくれたり、偶然でも見てくれたり、逆に見に来れたり。

あんなかっこいい人たちのイベントにでて、おれらがカッコよくないライブなんて出来るわけないねん。
alcott最高にかっこよかったよ。
震えるほど楽しかった。
4曲だけやけど。
最高に楽しい4曲やったよ。
みんなのおかげです。

嫌われても良いと思っています。
むしろ嫌われたいくらい。
敵作りたいくらい。
もう八方美人、愛想振りまいて、いやバンドやっててそれはないでしょう。媚び売る必要もない。
びっくりするくらい調子乗ってるイベンターとか、バンドに上からくる関係者とか、勘違い野郎。
ほんまクソ食らえと思っています。
大嫌いです。
どこまでいっても、クリエイティブな物に上も下もない。というより、人と人に上も下もないよ。
おれたちはみんな自分のアートを見せたい。
ジャンル問わず、どんな職種であっても、誰もがアーティスト。好き嫌いはあっていい。その方がいい。
幼稚園児が描く絵に感動するし、
おじいちゃんが走るその姿に感動する。
女性のネイルに感動する。
誰かのファッションの感動する。
募金をしてくれる優しさに感動する。
スタッフの配慮に感動する。
1枚のコピー用紙に感動する。
メールの文面に感動する。
1人の笑顔に感動する。
おれらは、至る所に、感動している。

そこにはみんなのアートがあるから。

みんながアーティスト。
そこへの尊敬の念を忘れたくない。
リスペクトってすごく大事。

好きなことやりたい。
好きなことを残りの人生かけて思いきり。
その為の苦しみなら、もうおれは容易に幸せに変換できるよ。
誰かに嫌われたとしても、自分が好きなものを、自分が好きな人を守れる力が欲しいです。

がんばろ。
脱線脱線、、、、、
昨日募金感動させて頂きました!
Boiler陸亀のギューンとチームalcottで。
みんなの心意気に、めちゃめちゃ感動しました。
みんな本当に迷いなく、お金を入れてくれました。
最初は募金してくれた方30名にポストカードプレゼントしていましたが、一瞬で無くなったのにも関わらず、募金の手が止まることがなかったので急遽みんなで写真を撮るという企画に変更し、声をかけ続けました。

たった1時間で、32,905円もの募金が集まりました。

カミング神戸というイベントの力がここに詰まってると思います。カミング神戸出演者全員が力を合わせて募金活動したらすごいことになりそうやで!

協力してくれたたくさんの方々、
本当にありがとうございました!!!

集まった募金はカミング神戸本部に届け、そこから被災地に送られます。
すごくすごく楽しかったカミング神戸。
たくさんの新たな出会いがあったカミング神戸。
生きろ。
くそかっこいい松原さんの名言とともに。
また来年の開催に向けて、おれらalcottは力をつけておきたいと思います。

昨日出会ってくれたみんな。
本当にありがとうございました!

こっからやで!
まだまだ見ててやぁ〜!!
alcott 貴田宰司